数あるゴールドカードは比較して利用する業者を決めよう

個人が借り入れできる金額

クレジットカード

金融機関での設定や年収

一般的に個人がカードローンで借り入れできるのは、1年間の収入の約3分の1までとされています。したがってカードローンでは、収入が多い人ほど、借入限度額も多めになると言えます。ただし各金融機関は、カードローンにおける貸し付けの限度額を個々で定めています。300万円までとしているところもあれば、1000万円としているところもあるのです。したがって、たとえ年収が1500万円だったとしても、貸し付けの限度額を300万円としている金融機関のカードローンを利用した場合には、300万円が借入限度額となります。もちろん、1000万円まで貸し付けしている金融機関のカードローンを利用した場合には、年収の約3分の1の500万円が借入限度額となるのです。つまり、より多くのお金を借り入れするためには、年収をアップさせることと、多く貸し付けをする金融機関を選択することとが必要ということです。またカードローンでは、借入限度額が高くなるにつれて、金利が低くなります。具体的な金利は、金融機関によって異なっているのですが、基本的には法律で定められている上限を超えることはありません。逆に金融機関は、上限を超えなければ、金利を何%にでも設定できるということです。そのため多くの金融機関が、多くのお金を借り入れする人、つまりお得意様となっている顧客の金利を、優遇つまり低めに設定しているのです。したがって借入限度額を高くすることは、カードローンを一層利用しやすくすることにつながると言えます。